Uncategorized」カテゴリーアーカイブ

プロミスは低金利で借りられる点が大きな魅力!

107575510
お金を借りるなら、プロミスを利用する手段もあります。プロミスは、目的ローンがある点が特徴です。使い道別に分けられているので、使い道がはっきりしている方にもうってつけではないでしょうか。金利は、フリーローンなら実質年率4.5から17.8%、おまとめローンとして借りるなら6.3から17.8%、自営者カードローンも6.3から17.8%、目的ローンの場合は6.3から16.5%といった金利になっています。プロミスは、この様に低金利である点が魅力と言えます。また、目的ローンをご利用になるなら、その目的の支払い証明書を提出することで低い金利でお金が借りられるのです。

プロミスの審査は、職業などにはとらわれません。通常のキャッシング同様に20歳以上69歳以下であること、安定収入があることが大事なのです。アルバイトやパートだからと言って申込むことができないということが、ないと言えるでしょう。学生や主婦の方でも継続して賃金を得ているのであればプロミスから借りることが可能だということです。そして、その収入は毎月安定して得られているかも重要な点になります。

また、収入以外にも審査に大切なポイントがあります。しっかりと住所があることや、他社から借入をしたことがあっても、それを既に完済しているかという点です。さらに、その借入は延滞をせずに返済をしたのか、債務整理をしていないかと言う点も重要になります。債務整理をしたことがあるなら、それはいつ行われ、どの程度の時間が経っているのかが見られるでしょう。
プロミス 京都

カードローンを解約することの重要性

63436271
通常のローンは、借金を完済すると自動的に契約は終了します。しかし、カードローンでは借金を完済しても、自動的に契約が終了せず、まだ契約が続いている状態となります。これは、契約が続いているのでまたいつでも好きなときに限度額の範囲内で融資を受けられるというメリットでもありますが、一定のデメリットも存在するので、利用する予定がないのなら解約をしておくことがおすすめです。

カードローンを解約せずにそのままにしておくと、契約が続いた状態になります。すなわち、いつでも限度額の範囲内で利用ができる状態にあります。もしもカードをなくしてしまって、だれかに利用されたら、大変なことになるかもしれません。もちろん、パスワードを知らないと利用はできませんので、パスワードを紙などにメモをして、カードと一緒に保管をしないようにしておきましょう。

カードローンの限度額が大きい場合には、特に注意が必要です。例えば、限度額500万円のカードローンを所有していて、利用をしなくなったので解約をしないままカードローンの存在を忘れてしまっていたとします。住宅ローンなどの審査に申し込みをしたときに、特に思い当たる点がないのにどこの金融機関でも断られてしまうということが起きてしまうかもしれません。限度額が大きいカードローンは、所有しているだけでも審査に影響するということは覚えておいたほうがよいでしょう。

それでは、限度額が20万円程度なら放置しておいても大丈夫なのかというと、そうでもありません。たとえ実際にお金を借りていなくても、借りられる枠を持っているというだけで、金融機関からはリスクととらえられます。枠があるカードローンを1枚保有していると、借入件数1件としてカウントされます。借入件数が多くなると信用が落ちるので、やはり利用をしなくなったカードは解約をしておくべきでしょう。

例外的に、条件の良い銀行カードローンや、ゴールドローンなどは、解約をしてしまうのはもったいないことがあります。条件の良いカードを1枚くらいなら保有しておいても大丈夫でしょう。その場合でも、しっかりと管理をすることが重要です。

カードローンの延滞利息はどのようにつけられるのか

76132423
カードローンは毎月約束した日までに支払わないと、元金につけられる利息に加え、遅延損害金と言われる延滞利息を取られます。中には、遅延損害金を設定していない金融機関もありますが、ほとんどのカードローンでは延滞利息がかかると考えた方がいいでしょう。

2010年に改正された利息制限法により、遅延損害金の上限は年利20%までと正式に決められました。これにより、多くのカードローンでは、貸付金額により14%~20%の間で設定されています。なお、20%を超える場合は違法金利となり、過払い金請求の対象となります。

延滞利息がかかるのは、支払日の翌日から実際に支払い終えるまでの日数分となります。例えば、約束の日から10日後に支払ったとしたら、その間の10日分に日割り計算された延滞利息がかかります。

当月中にカードローンの返済が難しい場合は、コールセンターに連絡をして相談すれば、通常の利息の支払いだけで良いとされ、次回に延滞利息を含めた返済をするように指示されることもありますし、確実に支払いができる日を提示すれば、その日までの延滞利息を計算して支払額を算定され、随時払いと同じようにATMや金融機関への振込手続きで支払い手続きをすることになります。

カードローンの支払いは通常ミニマムペイメントとなり、毎月決められている最小限の金額を支払えば良いということになっています。延滞した月や次月の支払いも最低限で良いと言われることがありますが、延滞利息を支払っていない場合は、その金額の中からもともとの決められた利息を払うことになりますので、元金が減らずに返済期間が延長されることになります。できれば、延滞利息を計算してもらって、すぐに支払いをした方がおすすめです。

延滞した分を支払ったからと言って、個人情報機関への記載を免れるわけにはいかず、遅れたことと、後から支払いがあったという記録が2年ほど残ることになります。そのまま踏み倒せば延々と残ることになりますし、3ヶ月以上の滞納については、解決するまで5年は載せられることになります。

カードローン契約時に審査落ちとなるパターンにはどのようなものがある?

80607117
銀行や消費者金融にて提供されている金融サービスの中でもカードローンは極めて使い勝手が良く、多くの利用者によって愛用されている手軽な借り入れ方法です。その使用方法も簡単。まずは個人カードの発行手続きを行い、いざカードを手にしたならお金が不足したタイミングで近場のATMを訪れるだけで簡単に融資金を引き出すことができるようになるのです。専用ATMはもちろん、提携コンビニなどの店内ATMを使っても借り入れが可能なので、実質的に24時間いつでもお金の不足を穴埋めできることになります。

ただし、このカードローンを利用するにあたっては然るべき審査をクリアしなければなりません。まずは職業や収入などで基準を設定して利用者の経済力や返済能力を推し量るような業者だと、人によっては向き不向きがある場合もあります。その点はネットの口コミ情報などで自分の条件に合致しているかどうかをチェックして、最適の業者を選択して申し込むことが求められるでしょう。

その上で、審査ではまず信用情報機関への照会が行われます。これは過去の返済履歴において返済の遅れや法的手続きを行った記録がないかどうかを調べるもの。もしもその条件に該当する場合にはブラック扱いとなって審査落ちする可能性が高まります。また消費者金融の場合には総量規制の兼ね合いもあるので他社からの借り入れが年収の3分の1を上回っていないかどうかもチェックされます。

さらに勤務先への在籍確認も重要です。これは申請時に記入した勤務先に本当に勤務実態があるのかどうかを実際に電話をかけて申請者の在籍の有無を確かめるというもの。電話に出た相手に対して通話を取り次いで欲しい旨を伝え、その対応によって本人が在籍しているのかどうか確証を得ることができます。もしもこの時点で本人の在籍が確認できなかった場合には審査落ちとなる可能性が高まります。

これらの審査過程を踏まえ、何も問題がないのであればそのまま審査通過となり、さらに職業や年収などから融資限度額が決定されることとなります。結果の連絡後はすぐにカードローンの利用ができるので、新規カードを受け取った上でATMを訪れると良いでしょう。

カードローンのカードは即日発行できるのか

88902214
急な出費で通帳の残高が足りなかったり、将来もしもに備えてお金を用意しておきたいというひともいるのではないでしょうか。最近では様々なシーンでカードローンが利用されています。紹介文を見ると、即日融資というのをよく見かけますが本当に可能なのでしょうか。

カードローンには銀行系と消費者金融系がありますが、それぞれに特徴があります。即日融資を受けるにあたり、審査の早さが最初の条件となってきます。以前は消費者金融系は審査が早くて銀行系は遅いというイメージでしたが、最近では銀行系でも審査をしているのは消費者金融系と同じ会社であることも多く、銀行でも審査が早いところも増えてきています。

次に重要になってくるのはお金をおろすためのカードローン専用のカードがどれだけ早く発行できるかということです。どれだけ審査が早く通って上限金額が決定してもお金を下ろすことができなければ即日融資を受けることはできません。カードを即日発行するには自動契約機があるカードローンを選ぶと良いでしょう。融資までの手続きで書類を郵送してその後に郵送でカードが送られてくるという方法だと最低でも1週間はかかってしまいます。

自動契約機を利用すると、書類の提出もその場で行うことができ、カードもその場で出てくるのですぐにお金を引き出すことができます。審査を終えてから自動契約機で契約とカード発行を行うと1時間程度で手続きを終えることができます。最近では消費者金融系のカードローンだけではなく、銀行系のカードローンでも自動契約機がある会社があります。

もし即日融資を希望するなら前日の夜か当日の午前中に申し込みを行い、当日中に審査結果を知ることができればその日のうちに自動契約機でカードを発行することも可能なのです。カードローンの利用を検討している人は、すぐに審査をしてもらうことができて近くに自動契約機があるカードローン会社を選んでみてはいかがでしょうか。